ドコモが本気のメタバース戦略 スマホの次の“社会基盤”描く(日経クロストレンド)

足立 直哉の弱小ブログ再生プロジェクトKindleロングセラー電子書籍作家養成講座 ~読まれないブログ記事を再利用して完全他力で不労所得を構築する方法~は効果なし?内容暴露

足立 直哉さんの
弱小ブログ再生プロジェクトKindleロングセラー電子書籍作家養成講座 ~読まれないブログ記事を再利用して完全他力で不労所得を構築する方法~は有名ですよね★

出典元:日経クロストレンド

米メタをはじめ、海外勢のニュースが多いメタバース市場。そんな中、急ピッチで事業化を進めるのが、通信大手のNTTドコモだ。多様な技術・サービス開発をするのに加え、ベンチャー企業のHIKKY(東京・渋谷)に大型出資を行い連携するなど、本腰を入れる。“ポストスマホ”だけでなく、“次世代の通信基盤”とまで語るドコモの戦略を追った。

【関連画像】ドコモ・アバターポータルの画面。複数のプリセットアバターから選べるのに加え、自分の顔写真をベースにしたオリジナルアバターも生成できる

 世界最大級のVRイベント「バーチャルマーケット」を展開するHIKKY(東京・渋谷)と資本・業務提携に合意し、65億円を出資――。

 2021年11月15日、NTTドコモから発せられた報道発表に、業界関係者は驚いた。ドコモは以前からXR(VR〈仮想現実〉、AR〈拡張現実〉、MR〈複合現実〉などの総称)領域の研究開発を続けてきたが、VR、メタバース世界の構築に挑むベンチャー企業と組み、ブーストをかけた形だ。その本気度は、同社の組織変更にも表れている。

 報道発表から遡ること1カ月ほど前、21年10月1日にドコモ内で発足したのが「XR推進室」だ。今までもXRをビジネス面・技術面で推進する担当は置かれていたものの、ドコモのみならずNTTグループ全体のXR事業をけん引していくという役割で、一挙に“格上げ”された。

 「もともとXRに関しては、将来を見据えて取り組んできていた。だが、米メタ(旧フェイスブック)の社名変更を含め、ここ1年で環境は激変。時代が一気に進み、ブーストをかけないといけない状態にある」と、ドコモのXR推進室 室長の岩村幹生氏は話す。

 XRコンテンツは従来の2Dに比べてデータ量が多く、アバターなどを活用してインタラクティブな交流も重要になる。そのため、高速通信規格の5Gと親和性が高く、ドコモも5G戦略の一つの目玉として長期視点で取り組む予定だった。だが、岩村氏が述べたように時代は加速。5Gの普及を待たずに、XR領域の推進も急ぐ狙いだ。

●アイデンティティーである「アバター」に着目

 ドコモはXR系のヘッドセットの提供やXRサービスの展開など、多様な実証実験を繰り返している。そんな中、注目したいのが「アバター」を軸にした取り組みだ。

 「アバターはサイバー空間・デジタル空間とリアル空間をつなぐユーザーのアイデンティティーとして極めて重要」と岩村氏は指摘する。「仮想空間でもリアルと同じく、TPOに応じてキャラクターや見た目を使い分けたいと考えるのが自然。将来的には1人当たり数十体のアバターを使い分けるような世界になることも想定される」(岩村氏)。

 アバターの容姿についても、フォトリアリスティックなものを選ぶシチュエーションもあれば、デフォルメしたキャラクターの方が合うケースもある。「極端な話、シーンによっては見た目がバナナでもいい。要は自分をどう見せたいか、どう表現したいのかというアイデンティティーを自由に選べる世の中になるはず」と岩村氏は話す。さらに、「付加価値の高いアバターや希少性の高いアバターが取引されるようになることも考えられる」と岩村氏は続ける。アバターに着せるデジタルファッションを提供する企業も増えており、アバターに関するビジネスは大きく広がるとみられる。

 その未来への一つの実験としてスタートしたのが、「ドコモ・アバターポータル」だ。アバターを作成し、様々なXRサービスのアカウントにひもづけて登録・管理できるのが特徴。ポータル上でアバターを選択し、連携する様々なサービスへ“飛んで”行くことが可能だ。

 現在のXR系の各サービスは、アバターを作成するシステムがそれぞれ異なり、サービスごとにアバターをつくるのが基本。一部、アバターの共通ファイルフォーマットでつくったものを“持ち運べる”場合もあるが、多少の知識が必要で、利便性やサービス間の相互利用の面では課題があった。

 同ポータルは、認証に関するオープン規格の一つ、OIDC(OpenID Connect)に対応。サービス(ID)を柔軟に追加でき、登録したアバターを連携サービスで共通して使える。現状では、NTTグループ内のサービスにのみ対応しているが、今後は外部サービスにも対象を広げていくとみられる。ポータルでアバターを選んでから多様な世界へ飛び込んでいく。多数のメタバースサービスが併存するマルチバース化が進む中、ゲートウェーの役割を果たせるサービスとして新たなビジネスになる可能性がある。特集第3回で取り上げたように、デジタルファッションの販売なども盛り上がりつつある。アバターを軸としたサービスは、今後さらに広がりそうだ。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

ニュース

Posted by ymp